FC2ブログ

『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』刊行しました

 『「フクシマ」論』で有名な、開沼博さんと共編で、『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』を明石書店から上梓しました。
 3月11日の報道やこの3月の書籍の状況は見ましたが、今回の震災/津波/事故の避難者のこれから、という意味では、課題を多く残しているかと思います。本書では、3・11からとくに半年を中心に、原発避難の問題について、若い社会学者たちとともにまとめてみました。
 単純に言って、原発避難は複雑すぎて容易には解けない問題になっています。しかもも問題hさらに複雑化を帯びています。本書もそうした複雑さをそのまま表しているかもしれません。決して読者に親切な本ではないでしょう。
 でもそれが現実なのです。その現実はこの本の中から理解できると思っています。
 光明は、このメンバーとともに、さらに富岡町の方々と色々と相談して、「なんとかならないか」と具体的な模索も始めています。避難は終わっていません。まだまだ入り口です。そしてどうもこの問題と、青森の未来、限界集落の真実も深く深く関わってきそうです。
 そのためにも、私は今後も関わってみるつもりです。ぜひ、本屋で見かけましたら本書を手に取ってみてください。この若い研究者たちが、今後、いろいろな発信をしていくことになりますから。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yamasso

Author:yamasso
白神共生機構(SSO)代表 山下(yama)祐介のブログです
しばらく東日本大震災のことにも触れていこうと思います。

NPO法人 白神共生機構が立ち上がりました。
 このNPO法人は、私たちが
  白神山地の
   森 と 人 の 共生
を作り上げていくためのものです。

このブログでは、本機構の活動内容を紹介していきます。
 とともに、
白神山地周辺の人・社会・自然環境の状況について広く解説していきます。

カテゴリ
新しい記事です
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
リンク
QRコード
QRコード