スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『限界集落の真実 村は消えるか?』(ちくま新書)刊行します

 2012年1月に『限界集落の真実 村は消えるか?』が刊行されます。
 私(山下)が2007年から、弘前大学社会学研究室で進めてきた調査をまとめたもので、誤解の多いこの問題について、とくに世代と家族という視点から解読を行ったものです。
 本書では、鰺ヶ沢町深谷地区が中心的な調査地として取り上げられていますが、深谷地区こそ、白神山地に一番近い村の一つで、ミニ白神もこのエリアです。
 弘前市相馬地区にある、沢田集落も取り上げています。沢田もまた白神への道の最奥集落でした。
 本書『限界集落の真実』(ちくま新書)は、1月5日頃には書店に並ぶと思います。 「白神学」が表だとすると、この限界集落問題はその裏にあたります。『限界集落の真実』は過疎問題の解説書ですが、白神に関心のある方は、ぜひ「白神学」とあわせてご覧下さい。意外なつながりが見えてくると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

yamasso

Author:yamasso
白神共生機構(SSO)代表 山下(yama)祐介のブログです
しばらく東日本大震災のことにも触れていこうと思います。

NPO法人 白神共生機構が立ち上がりました。
 このNPO法人は、私たちが
   白神山地の
    森 と 人 の 共生
を作り上げていくためのものです。
 このブログでは、本機構の活動内容を紹介していきます。
とともに、
 白神山地周辺の人・社会・自然環境の状況について広く解説していきます。

カテゴリ
新しい記事です
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。